スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

Arduboy 自由落下

今日気がついたんだけど、Arduboyって左がAボタンなのな。

ファミコンと逆で混乱したわ。

 

今日はキャラクターを自由落下させてみた。

さらに、ボタンで落下に抗うことが出来る。

 

#include "Arduboy.h"

// make an instance of arduboy used for many functions
Arduboy arduboy;

PROGMEM const unsigned char player[] = {
0x00, 0x00, 0x00, 0xc0, 0x20, 0x10, 0xc8, 0x08,
0x08, 0xc8, 0x10, 0x20, 0xc0, 0x00, 0x00, 0x00,
0x00, 0x00, 0x00, 0x03, 0x04, 0x08, 0x14, 0x14,
0x14, 0x14, 0x08, 0x04, 0x03, 0x00, 0x00, 0x00,
};

 

// This function runs once in your game.
// use it for anything that needs to be set only once in your game.
void setup() {
  // initiate arduboy instance
  arduboy.begin();

}

double g = 1;
double dt = 0.1;

void loop() {
  // pause render until it's time for the next frame
  if (!(arduboy.nextFrame()))
    return;

  // first we clear our screen to black
  arduboy.clear();
  
 

 //ここにロジック書く////////////////////////////
  static double y = 10;//, y = 10;
  static double v = 0;
  static double t = 0;
  t+=dt;
  if( arduboy.pressed(A_BUTTON) == true ) 
  {
    v = 5;
    t = 0;
  }
  y = g * t * dt - v*dt + y;
  arduboy.drawBitmap(16,y,player,16,16,1);

  // then we finaly we tell the arduboy to display what we just wrote to the display
  arduboy.display();
}

 

loop関数が呼ばれるごとに時刻tを進めてるけど、位置は前回更新時との差分を足しこむ方が都合がよいので、高校物理で習う自由落下の式x = ...ではなく

dx = gtdt+vdt

を使っている。

 

ジャジャガッチ | Arduboy | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

画像を表示する -Arduboy-

まずは表示する画像を用意しなくてはならない。

ペイントで適当に絵を描いて、Arduboy Game Image Converterというページに画像をコピペすれば配列形式のコードが得られるので、これをソースコードにコピペすればok。

適当にこういう画像作ってみた。

 arduboy.drawBitmap(16,16,player,16,16,1);

とすれば画像を表示できる。

最初の二つが位置、3つ目が配列へのポインタ。その次のふたつが解像度、最後がよくわからない。色ということらしいが・・・?

配列の具体的内容は次のとおり。

PROGMEM const unsigned char player[] = {
0x00, 0x00, 0x00, 0xc0, 0x20, 0x10, 0xc8, 0x08, 
0x08, 0xc8, 0x10, 0x20, 0xc0, 0x00, 0x00, 0x00, 
0x00, 0x00, 0x00, 0x03, 0x04, 0x08, 0x14, 0x14, 
0x14, 0x14, 0x08, 0x04, 0x03, 0x00, 0x00, 0x00, 

};

 

PROGMEMキーワードはArduino特有のもので、Flashメモリに領域確保するらしい。大きなデータはここに置くとのこと。

ジャジャガッチ | Arduboy | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

ボタン判定

#include "Arduboy.h"

// make an instance of arduboy used for many functions
Arduboy arduboy;

 

// This function runs once in your game.
// use it for anything that needs to be set only once in your game.
void setup() {
  // initiate arduboy instance
  arduboy.begin();

  // here we set the framerate to 15, we do not need to run at
  // default 60 and it saves us battery life
  arduboy.setFrameRate(15);
}


// our main game loop, this runs once every cycle/frame.
// this is where our game logic goes.
void loop() {
  // pause render until it's time for the next frame
  if (!(arduboy.nextFrame()))
    return;

  // first we clear our screen to black
  arduboy.clear();

  // we set our cursor 5 pixels to the right and 10 down from the top
  // (positions start at 0, 0) 
  arduboy.setCursor(4, 9);

  // then we print to screen what is in the Quotation marks ""
  if( arduboy.pressed(A_BUTTON) == true ) 
  {
    arduboy.print(F("A!"));
  }
  else if(arduboy.pressed(B_BUTTON) == true)
  {
    arduboy.print("B!");
  }
  else arduboy.print("xxx");
    

  // then we finaly we tell the arduboy to display what we just wrote to the display
  arduboy.display();
}

 

ジャジャガッチ | Arduboy | 07:20 | comments(0) | trackbacks(0) |

雛形

サンプルファイル見て、雛形用意した。

 

#include "Arduboy.h"

// make an instance of arduboy used for many functions
Arduboy arduboy;

// This function runs once in your game.
// use it for anything that needs to be set only once in your game.
void setup() {
  // initiate arduboy instance
  arduboy.begin();

}

 

void loop() {
  // pause render until it's time for the next frame
  if (!(arduboy.nextFrame()))
    return;

  // first we clear our screen to black
  arduboy.clear();

 

 //ここにロジック書く////////////////////////////

 

  // then we finaly we tell the arduboy to display what we just wrote to the display
  arduboy.display();
}

ジャジャガッチ | Arduboy | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |

Arduboy買いました

久しぶりに電子部品を買いに行った。子供のおもちゃを直すために。

かなり久しぶりにこういう店に来たので、テンション上がっていろいろ買ってしまった。

 

それは・・・、Arduboy!

調べてみると、Arduinoベースで作られているゲームボーイのような携帯ゲームらしい。

面白いのは、自分でゲームを作れること!

最初からインストールされているゲームはバージョン等によって異なるらしいが、僕の場合はシューティングゲームが入っていた。

 

 

見た目も中々かっこいい!

このサンプル、結構よく出来ていて、自機のパワーアップ等も実装されている。

 

とりあえずサンプルプログラムを書き込むために、Arduboy用のライブラリをzip形式でダウンロード、IDEでライブラリを追加後、Hello worldというサンプルを書き込んでみた。

 

 

しばらく楽しめそうだ。

ジャジャガッチ | Arduboy | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/1PAGES | |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Since 2013/09/17
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH