<< クラステクニック | top | ベースポインタ、スタックポインタ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

Geant4始めた

 Geant4とは素粒子の振る舞いをシミュレーションできるソフトだ。

ソフトというよりライブラリ?ツール?

C++が出来ないと使えない。

多分Linuxにしか対応していない。

インストールが面倒だと思ってたのだが、kekですでにインストール済みの

仮想環境が配布されていると聞いて入れてみた。

早速サンプルを走らせる。

exampleN01は相互作用しない粒子を発射する例で、画像も表示しない。

これが一番シンプルなのでこれを元にして勉強することにした。

今日は検出器クラスと物理過程クラスについて大雑把に理解した。

また、相互作用を入れて、粒子の軌跡を表示することも出来た(exampleN02から適当にコピペして)。
明日はシミュレーション結果をどう取り出すかについて勉強したい。

ジャジャガッチ | Geant4 | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 01:11 | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Since 2013/09/17
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH