<< 離散フーリエ変換 | top | VC++でバッファオーバーフロー実験 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

アセンブリ言語:リターンアドレスの確認

 久々のアセンブリ言語。

C言語をディスアセンブルして勉強。

main関数から他の関数を呼び出すと、復帰するためにリターンアドレスを記憶しておく必要がある。

通常、これはベースポインタ(ebp)の指すアドレスの次のアドレスに入っている。

これを確認した。

fサブルーチンをcallして制御が移ったところで止めている。

この状態でebpの指すアドレスの次を確認すると・・・



ちゃんと戻り先が記憶してある。
ジャジャガッチ | アセンブリ言語 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 20:19 | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Since 2013/09/17
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH