<< gccを最新版4.9.2に更新してλ式を試してみた(CentOS6.5) | top | 小林泰三「奇憶」読了 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

おや?clang_completeの様子がおかしいぞ・・・?

この前、市立図書館の催しで絵本の読み聞かせに家族3人で参加してきた。
わらべうたも教わってきた。
でもいつも家に帰ると忘れている。一本橋みつけた・・・?

ちなみに僕の子供の頃の一番のお気に入りは「パパはまほうつかい」だ。
あのワクワク感はすごい。
この前実家から持って帰って来て読んでみたが、やはり素晴らしい!
ハリー何とかだとぉ?バーロー!パパはまほうつかいを読んでみやがれ!!

・・・、いや、うん、ハリー何とかも面白かったよ。うん。
確か4巻くらいまでは読んだ。
最初の頃は、子供の憧れる魔法の世界が広がっていて大人ながらわくわくして読んだ記憶がある。
でもだんだん話が暗くなっていって(人が死んだり)重苦しい雰囲気になってしまって読まなくなってしまった。
僕がハリー何とかに求めていたものはそういう話ではなかった。
暗く重苦しい話は他の小説でもたくさん読めるが、ハリー何とかのようなわくわくする世界観の小説はなかなかないと思う。

小学校の頃は推理小説とか怪奇小説がお気に入りだった。
アルセーヌ・ルパンやシャーロック・ホームズはその頃に読んだきりだなあ。

銀河英雄伝説との出会いは中学のころだ。同級生がおすすめしてくれてめちゃくちゃはまった。

高校の頃は一般向けの科学書を読んでいることが多かった気がする。よく制服のポケットの両方に文庫サイズの本を突っ込んでいたのを憶えている。

スティーブン・キングとの出会いは大学の頃だ。この頃からホラー小説が守備範囲に入った。

現在はミステリ系とホラーが多いな。一番多いのは技術書だがこれは読書には入らないだろう。

思えば子供の頃から割と読書好きだったな。
TVゲームも好きだったけど、運動とか読書とか割とバランスよく時間配分出来ていたような気がするが、子供の頃の話なので気がするだけかも。
勉強はあまりした気がしない、というか宿題くらいしかしてなかった。田舎だったしそこまでみんな塾に行って勉強して、という雰囲気ではなかった。
両親にも勉強しろとかゲーム止めろとか言われた記憶がない。
ゲームばかりしている子供にはゲーム以外の楽しいことを教えてあげればよいだけな気がするのだが、そんなに簡単なことではないか。
僕はゲーム以外にも楽しいことが色々あったからゲームに偏らなかったんじゃないかと思ってるんだが。
結構ゲームは悪く言われることが多い気がするが、学べるところも色々あると思う。
長くなってきたし何の話かよくわからなくなってきたのでこれはまたそのうち。

さて、うちの子供はどんな本と出会っていくのだろう。

///////////////////////
最近vim用のC系言語補完プラグインclang_completeの様子がおかしい。
何度か補完を繰り返すと挿入モードでエンターで改行出来ない上変な文字列が出力される。
例えば次のような感じ。
std::cout;<SNR>19_HandlePossibleSelectionEnter()
一回こうなると再起動しないと改行出来ない。
ぐぐっても同じ症状で困っている人は見つからない。
会社のPCと併せて計3台のPC(CentOS6.5)で同じ症状。

これでは使い物にならない。
clangを入れ替えたりvim入れ替えたり色々試したけど解決せず。
設定も色々変えてみたがだめ。
仕方がないのでコードを見てみることにした。
clang_completeの最も浅いディレクトリで
find ./ -name "*" | xargs grep "Handle"
としてみると・・・。
./plugin/clang_complete.vim:      inoremap <expr> <buffer> <CR> <SID>HandlePossibleSelectionEnter()
お、あるやん!
clang_complete.vimをあたってみると・・・。

447       inoremap <expr> <buffer> <CR> <SID>HandlePossibleSelectionEnter()
function! s:HandlePossibleSelectionEnter()
464   if pumvisible()
465     let b:snippet_chosen = 1
466     return "¥<C-Y>"
467   end
468   return "¥<CR>"
469 endfunction

447行目をコメントアウトすればHandlePossibleSelectionEnter()は呼び出されなくなりそうなのでダメモトでコメントアウトしてみた。
直った!
vimスクリプト読めないので何やってるところかよくわからないけど<CR>、つまりエンターを押すとHandlePossibleSelectionEnter()が呼び出されて、補完してないときは普通に改行、補完したときは何やら他のことしてるらしい。
実際にコメントアウトした状態で補完してみると少し動作が変わった。
これまでは補完候補選ぶと選択モードに切り替わっていたのだが、それがなくなり、文字列が挿入されるだけになった。
今のところこれ以外の変化はない。いちいち選択モードに切り替わるのがうっとうしかったので一石二鳥!
ジャジャガッチ | Linux | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 22:08 | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Since 2013/09/17
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH