<< Vimスクリプト勉強したいなあ | top | libpngを使ってみる >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

TeXソースからpng画像を生成するツールを作った

皆さんPowerPoint等に数式入れるときどうしてますか?僕は付属の数式エディタは使いたくないのでTeXClipというwebサービスを使って、TeXソースから数式画像を生成して貼り付けてます。これのいいところは背景がちゃんと透明になるところ。でもこの前二日間くらいサービス停止しててとっても困った。
じゃあ自分で作ろうということで作ってみた。これで安心だね!

あ、ちなみにこれ自動的に画像ファイルがクリップボードに格納されるのでそのままパワポに貼り付けられます。
どうやって作ったか種明かしをすると、なぁーんだ、簡単じゃんって思われていやだけどまあいいや。
単にバックグラウンドでplatex.exeとdvipng.exeを呼び出しているだけです。テキストボックス内ではTeXソースとして完結してないので、文字列整形で完結したソースにし、それをdvi、pngに順次変換するだけ。つなみにUIはC#で作ったのであっという間です。2時間くらいでベースは作れてしまいます。
そっから細々とした問題を潰していった。例えばコマンド部の色変え。これはテキストが変更される度に全文字列を読み込み、検索して行っている。ただ全領域書き換えると画面がちらついて仕方がないので、win32apiのお力で一時的に描画停止して一気に書き換えて解決している。あとは、TeX文法的に間違った数式を入れた場合、platex.exeがループ状態に入ってしまって処理が戻ってこないので、platex.exeの標準出力を監視してerrorメッセージがあればplatex.exeを終了するようにしてます。
TeXClipもほぼ同じ仕組みだと思われる。TeXClipよりも優れた点は解像度が任意であることくらいか。あとローカルのTeX環境をそのまま使うので任意のパッケージが使える。まだまだ改良したいけど、とりあえず使える。

 

改良すべき点

・Ctrl-y, zへの対応

・現在のカーソル位置がどの括弧の中なのかマーカか何かで明示

・再編集を可能にする→pngはヘッダにテキスト情報入れられるみたいなのでそこにtexソース入れとけば再編集可能になりそう。libpngかなんかでツールつくらないかんが。

 

ジャジャガッチ | その他 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 22:21 | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Since 2013/09/17
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH