<< ModelSim | top | FPGAでディスプレイに絵を描く >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

FPGA

 本格的にFPGAで遊び始めたのでFPGAカテゴリを作った。

最初にFPGAとはどんなものか説明しておく。

今世の中で幅をきかせているのはデジタル回路。

値は0か1しかなくて、例えばNOT回路は入力を反転する。

AND回路なら二つの入力が1のときだけ出力が1になる。

こういう回路を組み合わせて複雑な回路を作ると面白いことが出来る。例えば

入力→出力と書くとして

(0,0)→(0,0)
(0,1)→(0,1)
(1,0)→(0,1)
(1,1)→(1,0)

という関係を持つようにAND回路とかNOT回路とかを組み合わせられれば

その回路は二進数の足し算回路になる。

で、FPGAはPCを通して任意のデジタル回路を焼けるICのこと。

PCに設計図を書くだけだからハンダ付けしなくてもいいし、何度でも焼けるから

失敗しても大丈夫。

すばらしい。

もっとすばらしいのは簡単に複雑な回路を作れること。

AND回路とかをグラフィカルに配置して設計することも出来るけど、

コードを書くことによっても設計できる。

例えば

入力はAとBで、出力はCとD。
これこれこういう条件のときCは1でDは0になる。
・・・

みたいに得たい結果を書いていけば自動的にそれを実現する回路を生成してくれる。

FPGAを始めてまだあまり経っていない僕でさえ50行くらいコードを書けば、




こういうとっても複雑な回路を作れます。

記述言語はVHDLとVerilog HDLがよく知られていて、VHDLから入ったけど

Verilog HDLに変えました。C言語ライクな言語らしいので。

ジャジャガッチ | FPGA | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 19:52 | - | - |
Comment









Trackback
URL:

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Since 2013/09/17
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH