<< 目標とする微分方程式について | top | ローカル変数とスタックオーバーフロー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

とりあえず目標達成

 ついにアセンブリ言語でオイラー法を実装することが出来た。

結果はC言語で作ったものと完全に一致するので載せない。

あとやりたいのはC言語で作ったものとの速度比較とか、C言語の方は

アセンブリでどういう風に書かれているかみたりしたいな。

bits 16
org 0x100

mov dx,file
mov cx,0
mov ah,0x3c
int 0x21;ファイルを開く
mov [fh],ax;ファイルハンドラをとっとく
mov bx,[fh]
mov dx,y

doit:
cmp byte [i],0
jne aaa
fld qword [D];i=0のときスタック
aaa:
fld qword [y];

fmul st0,st1;掛け算

fstp qword [y];結果をメモリに

mov cx,8
mov ah,0x40
int 0x21

mov cx,10
inc byte [i]
cmp byte [i],0x7f
loopne doit

;ファイル終了処理
mov ah,0x3e
int 0x21
mov ah,0x4c
mov al,0
int 0x21

file db "hello.txt",0
fh dw 0
y dq 1.0
D dq 1.001
i db 0


ジャジャガッチ | アセンブリ言語 | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 13:21 | - | - |
Comment









Trackback
URL:

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Since 2013/09/17
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH