スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |

Qiita始めた

プログラマ向けSNSとして有名なQiitaに投稿し始めた。

これまでつまみ食いで済ませていた数理統計学を体系的に勉強するということを最近始めて、数値実験の結果をまとめたいと思ったのがきっかけだ。

現在7記事。統計ばっか。

みてちょ。

 

標本平均の期待値が母平均となることを数値実験で確認する

標本平均の分散が母分散/標本サイズとなることを数値実験で確認する

標本分散の期待値が母分散×(標本サイズ-1)/標本サイズとなることを数値実験で確認する

確率分布を特徴づけるパラメータは平均と分散だけではない

標本分散の分散から急に正規分布の話になる理由

標準正規分布の下での2次モーメントの標本分布がカイ二乗分布となることを数値実験で確かめる

十分統計量の値をリサンプリングして母分布の概形を得る

ジャジャガッチ | コンピュータ | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

Windows Subsystem for Linux (WSL)

WSLインストールしてみた。

バッチファイル調べながら書くのが面倒すぎて。

 

sudo apt update

sudo apt upgrade -y

sudo apt install build-essential -y

 

これでgccなどが使えるようになる。

ジャジャガッチ | コンピュータ | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

おもちゃを直す

子供がおもちゃを直して欲しいというので直していた。

ボタンを押すと、対応するメロディがなるという簡単なもの。電池を入れ替えてもだめなので開けてみた。

テスタで調べてみると、ボタンのところまではちゃんと電圧がかかっている。

圧電スピーカーのところは交流信号なのでテスタでは見れない。

オシロを出してくるのも面倒なので、Arduinoでメロディ信号を生成して圧電スピーカに入力してみた。

たまたま手元にあったスピーカは鳴るが、おもちゃの方は鳴らない。

どうやら圧電スピーカが壊れているようだ。

下の写真は、分解したおもちゃ、Arduino、新旧圧電スピーカ。

圧電スピーカを交換してやったら無事動いた。

ジャジャガッチ | 電子工作 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

Logisim面白いぞ

逆ポーランド電卓以来デジタル回路いじりたくて、会社ではFPGAを購入した。

以前から気になっていたハードウェアアクセラレーション検討のため。

家ではシミュレータで何か遊ぼうかな、ということで探してみた。

見つけたのがLogisimというシミュレータ。

画像のような感じでゲートを配置して、すぐにシミュレーションできる。

0のとこクリックすると1になったり、クロックを自動で進めることも出来る。

調べてみると、LogisimでCPU組んだ猛者もいるようだ。

面白いので少し遊んでみることにする。

ジャジャガッチ | 電子工作 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

ArduinoでBrainf*ck

昨日会社で骨董ものの逆ポーランド記法電卓をもらった。

逆ポーランド記法だと計算がスタックへのプッシュ/ポップを逐次行っていくだけで済むのでシンプルらしい。

 

それで何となくデジタル回路的なことなにかやりたいなあ、と思いつき、昨夜は何となく名著「CPUの創りかた」を眺めたりしていた。

C++でデジタル回路シミュレータを作ってCPUのエミュレーションしようかなあとか思って少しコードを書いてみたが、思ったよりも難しくて断念。回路のトポロジーの表現が難しい。出来なくはないと思うがかなり時間食いそうで今は難しい。

 

で、何かないかなあ、と考えていたら、以前C言語でBrainf*ckインタプリタ作ったなあと思い出した。以前の自分の記事を引用する。

 

”Brainf*ckにはたった8つの命令しかない。例えば'>'はポインタのインクリメント、'+'はポインタがさす値のインクリメントのような具合。あとはジャンプとか入出力がある。”

 

そういうことでかなりな低級言語。

これをArduinoで動かしてみよう!

まずは、シリアル通信を使って、コードをArduinoに送信すると、結果がシリアル通信で送られてくるものを作りたい。

コードは記事の最後。ほぼ以前作ったインタプリタの流用。

例えば

+++++++++[>++++++++>+++++++++++>+++++<<<-]>.>++.+++++++..+++.>-.------------.<++++++++.--------.+++.------.--------.>+.

はBrainf*ck版Hello worldだが、これを送信すれば

 

という感じに返ってきます。

案外簡単。

最終的にはシリアル通信を使わないオフラインBrainf*ckコンピュータを作りたいなあ。

入出力端子を制御する拡張命令を加えれば多少は役に立つ?

 

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
Serial.begin(9600); 
}

void loop() 
{
  // put your main code here, to run repeatedly:
  static char cmd[256];
  static int n = 0;
  static int mode = 0;//0=input, 1=output
  //static int N = 100;
  static int ptr = 0;
  static char mem[256];
  for(int i=0;i<256;i++) mem[i] = 0;
  
 
  if(mode==0)
  { 
    char c = Serial.read();
    if(c=='¥n') mode = 1;
    else if(c!=-1) cmd[n++] = c;
    //Serial.print("Humidity: "); 
  }
  else if(mode==1)
  {
    Serial.print("¥n");
    Serial.print("code: ");
    for(int i=0; i<n; i++)
    {
      Serial.print(cmd[i]);
    }
    Serial.print("¥n");

   for(int i=0;i<n;i++)//命令を実行していく
    {
        //printf("%d¥n",i);
        switch(cmd[i])
        {
            case '>' :
                ptr++;
               break;
            case '<' :
                ptr--;
                break;
            case '+' :
                mem[ptr]++;
                break;
            case '-' :
                mem[ptr]--;
                break;
            case '.' :
               // putchar(mem[ptr]);
               //Serial.print(mem[ptr],DEC);
               Serial.print(mem[ptr]);
                break;
            case ',' :
                //mem[ptr] = getchar();
                //mem[ptr]
                break;
            case '[' :
                if(!mem[ptr])
                {
                    int n1 = 1;//[の個数
                    int n2 = 0;//]の個数
                    i++;
                    while(n1!=n2)//右に走査していき、[の個数=]の個数になったらbreak
                    {
                        if(cmd[i]==']') n2++;
                        else if(cmd[i]=='[') n1++;
                        i++;
                        
                    }
                    i--;
                }
                break;
            case ']' :
                if(mem[ptr])
                {
                    int n1 = 0;//[の個数
                    int n2 = 1;//]の個数
                    i--;
                    while(n1!=n2)//左に走査していき、[の個数=]の個数になったらbreak
                    {
                        if(cmd[i]==']') n2++;
                        else if(cmd[i]=='[') n1++;
                        i--;
                        
                    }
                    i += 2;
                    i--;
                }
                break;
        }
    }


    
    mode = 0;
    n = 0;
  }
 
 
  
}

ジャジャガッチ | Arduino | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

Sekiro トロコン

死にげーで有名なソウルシリーズの流れを受け継ぐゲームSekiroをクリアした。

ソウルシリーズは、デモンズソウル、ダークソウル1/2/3、ブラッドボーンと全てソロクリア済み。

 

Sekiroはレベル概念がなくなったのでごり押しが出来ず、過去最高難易度という前評判だった。

いざプレイしてみると、そこまででもない。

確かにボス戦前でのレベル上げは出来ないが、ボスを倒していけば体力、攻撃力がどんどん上がっていく。

ソウルシリーズはソロでしかプレイしたことがないので、協力プレイがないことも関係なし。

積極的な攻撃とパリィが要求されるところがソウルシリーズとの大きな違いであるが、だんだん慣れてくる。

個人的にはデモンズソウルのファランクスまでとブラッドボーンの聖職者の獣までの方がきつかった。

 

レベルがないので周回しても雑魚敵と戦う必要がなく、サクサク。

4週してトロコンした。

2週目以降はサクサクだが、周回引継ぎによる難易度低下を疑って改めて1週目をプレイしてみた。

やっぱりサクサク。スキル向上を実感して嬉しい。

 

ここまでチャンバラ感を再現したゲームは初めてプレイした。

めちゃくちゃ面白かった。

ジャジャガッチ | ゲーム | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |

Arduino 温湿度センサ

Groveの温湿度センサと7セグLEDを組み合わせてみた。

簡単過ぎて勉強にはならない(笑)

 

// Example testing sketch for various DHT humidity/temperature sensors
// Written by ladyada, public domain

#include "DHT.h"
#include "TM1637.h"
#define CLK 4//pins definitions for TM1637 and can be changed to other ports       
#define DIO 3
TM1637 tm1637(CLK,DIO);
#define DHTPIN 2     // what pin we're connected to

// Uncomment whatever type you're using!
#define DHTTYPE DHT11   // DHT 11 
//#define DHTTYPE DHT22   // DHT 22  (AM2302)
//#define DHTTYPE DHT21   // DHT 21 (AM2301)

// Connect pin 1 (on the left) of the sensor to +5V
// Connect pin 2 of the sensor to whatever your DHTPIN is
// Connect pin 4 (on the right) of the sensor to GROUND
// Connect a 10K resistor from pin 2 (data) to pin 1 (power) of the sensor

DHT dht(DHTPIN, DHTTYPE);

void setup() 
{
    Serial.begin(9600); 
    Serial.println("DHTxx test!");
 tm1637.init();
  tm1637.set(BRIGHT_TYPICAL);//BRIGHT_TYPICAL = 2,BRIGHT_DARKEST = 0,BRIGHTEST = 7;
    dht.begin();
}

void loop() 
{
    // Reading temperature or humidity takes about 250 milliseconds!
    // Sensor readings may also be up to 2 seconds 'old' (its a very slow sensor)
    float h = dht.readHumidity();
    float t = dht.readTemperature();

    // check if returns are valid, if they are NaN (not a number) then something went wrong!
    if (isnan(t) || isnan(h)) 
    {
        Serial.println("Failed to read from DHT");
    } 
    else 
    {
        Serial.print("Humidity: "); 
        Serial.print(h);
        Serial.print(" %¥t");
        Serial.print("Temperature: "); 
        Serial.print(t);
        Serial.println(" *C");
        tm1637.display(0,(int)(h/10));
        tm1637.display(1,(int)(h-(int)(h/10)*10));
        tm1637.display(2,(int)(t/10));
        tm1637.display(3,(int)(t-(int)(t/10)*10));
    }
}

ジャジャガッチ | Arduino | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |

Arduino 7セグメントLED(Grove)

この前電子部品屋で買ってきたものの一つが7セグメントLED。

Arduino向けのモジュールなのできっと簡単に使えるんだろうということで買ってみた。

どうもGroveというArduino向けモジュール群のひとつらしい。

 

メーカHPでTM1637向けライブラリをダウンロードし、IDEにインクルードする。

サンプル(IDE中でスケッチ例という項目にいろいろある)を参考に、数値をランダムに表示してみた。

 

#include "TM1637.h"
#define CLK 2//pins definitions for TM1637 and can be changed to other ports       
#define DIO 3
TM1637 tm1637(CLK,DIO);
void setup()
{
  tm1637.init();
  tm1637.set(BRIGHT_TYPICAL);//BRIGHT_TYPICAL = 2,BRIGHT_DARKEST = 0,BRIGHTEST = 7;
}
void loop()
{
  
  delay(150);
  for(int i=0; i<4; i++)
  {
    tm1637.display(i,random(16));
  }
  delay(300);
}

 

すごい楽!!

 

 

ジャジャガッチ | Arduino | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) |

Arduboy 自由落下

今日気がついたんだけど、Arduboyって左がAボタンなのな。

ファミコンと逆で混乱したわ。

 

今日はキャラクターを自由落下させてみた。

さらに、ボタンで落下に抗うことが出来る。

 

#include "Arduboy.h"

// make an instance of arduboy used for many functions
Arduboy arduboy;

PROGMEM const unsigned char player[] = {
0x00, 0x00, 0x00, 0xc0, 0x20, 0x10, 0xc8, 0x08,
0x08, 0xc8, 0x10, 0x20, 0xc0, 0x00, 0x00, 0x00,
0x00, 0x00, 0x00, 0x03, 0x04, 0x08, 0x14, 0x14,
0x14, 0x14, 0x08, 0x04, 0x03, 0x00, 0x00, 0x00,
};

 

// This function runs once in your game.
// use it for anything that needs to be set only once in your game.
void setup() {
  // initiate arduboy instance
  arduboy.begin();

}

double g = 1;
double dt = 0.1;

void loop() {
  // pause render until it's time for the next frame
  if (!(arduboy.nextFrame()))
    return;

  // first we clear our screen to black
  arduboy.clear();
  
 

 //ここにロジック書く////////////////////////////
  static double y = 10;//, y = 10;
  static double v = 0;
  static double t = 0;
  t+=dt;
  if( arduboy.pressed(A_BUTTON) == true ) 
  {
    v = 5;
    t = 0;
  }
  y = g * t * dt - v*dt + y;
  arduboy.drawBitmap(16,y,player,16,16,1);

  // then we finaly we tell the arduboy to display what we just wrote to the display
  arduboy.display();
}

 

loop関数が呼ばれるごとに時刻tを進めてるけど、位置は前回更新時との差分を足しこむ方が都合がよいので、高校物理で習う自由落下の式x = ...ではなく

dx = gtdt+vdt

を使っている。

 

ジャジャガッチ | Arduboy | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

画像を表示する -Arduboy-

まずは表示する画像を用意しなくてはならない。

ペイントで適当に絵を描いて、Arduboy Game Image Converterというページに画像をコピペすれば配列形式のコードが得られるので、これをソースコードにコピペすればok。

適当にこういう画像作ってみた。

 arduboy.drawBitmap(16,16,player,16,16,1);

とすれば画像を表示できる。

最初の二つが位置、3つ目が配列へのポインタ。その次のふたつが解像度、最後がよくわからない。色ということらしいが・・・?

配列の具体的内容は次のとおり。

PROGMEM const unsigned char player[] = {
0x00, 0x00, 0x00, 0xc0, 0x20, 0x10, 0xc8, 0x08, 
0x08, 0xc8, 0x10, 0x20, 0xc0, 0x00, 0x00, 0x00, 
0x00, 0x00, 0x00, 0x03, 0x04, 0x08, 0x14, 0x14, 
0x14, 0x14, 0x08, 0x04, 0x03, 0x00, 0x00, 0x00, 

};

 

PROGMEMキーワードはArduino特有のもので、Flashメモリに領域確保するらしい。大きなデータはここに置くとのこと。

ジャジャガッチ | Arduboy | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/59PAGES | >> |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Since 2013/09/17
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH